税理士試験の情報・応援サイトです。目指せ税理士試験合格!

税理士試験合格を目指す!

税理士試験について

「税理士」という職業資格を皆さんは聞いたことがあるでしょうか?
税理士はバブルが崩壊した後ぐらいから、年々税理士試験への受験者数が増加してきている資格です。簡単に税理士が何かと言ってしまえば、税理士とは、税務に関するスペシャリストのことです。

スペシャリスト

もし今税理士を目指していて、税理士試験を0から知りたいという人、税理士資格試験になんとなく興味のある人へ当サイトではいろいろと税理士・税理士試験のことについてご紹介していきます。「税理士試験を受けるためには何が必要か」少しでも税理士資格試験の合格を目指している方の助けになれば幸いです。

税理士試験の前に税理士を知ろう!

税理士試験合格を目指す前に、「税理士とは何か?」について知っておきましょう。

 

現在、個人経営などをしている方は、所得税などの税金を納税者が自己申告をして国へ納める事になっているのですが、実際の税法はかなり複雑なっていて難しく、自己申告とは言え、一般の人にはどれくらいの税金を国へ払ったらいいのか分からず、実際は税法を知っていれば多く払わなくてすんだり、税法を知らないばかりに節税の方法があるのか?など、わからないことが本当に多いですよね。このように全く税法や支払い金額・方法が分からないときに、そこで登場するのが、納税者の相談をうけて、適切な税額の計算や申告書の作成などを変わりに行ってくれるのが税理士の役目なのです。
税理士は、税に関する税理士試験を合格して税務に関する専門家なので、複雑な税制を把握し、独立した立場から租税に関した法令に規定される納税義務を実現させることを使命としています。ですから税理士は納税者の信頼を得なくてはなりません。
税理士は納税者の信頼に答え、税理士法第一条にあるとおり、経営者の信頼できるアドバイザーとして業務にあたらなくてはいけないのです。



税理士試験を受けなくてもなれる方法がある?

税理士とは、税金のスペシャリストです。そのスペシャリストになるためには、国家試験でもある「税理士試験」に合格しなければなることはできないのです。
また、税理士試験に合格したからと言ってすぐに税理士としての看板を上げることは出来ません。
なぜなら、税理士試験に合格した後に、最低2年間の税理士としての実務経験を積まなくてはならないのです。実務経験をつんだ後に、「税理士名簿」と呼ばれる名簿に名前を登録し、初めてめでたく税理士としての看板を上げて仕事ができるようになります。
意外に税理士試験合格後にも長い道のりを歩まなければいけないのですが、実は税理士試験を受けなくても税理士の資格を受ける方法もあるのです。
それは、公認会計士、弁護士、23年以上税務署に勤めた税務署OBの3つに当てはまれば試験を免除されるのです。あとは名簿に登録するだけで税理士事務所の看板が出せます。
まあ 最初の二つの資格を取るのも大変ですが、3番目の税務署に23年以上勤務した人も実際は23年待つよりも税理士試験で合格したほうが早いような気がしますけどね・・・
もし何気なく税務署に勤めて23年働いている人は登録するだけで、税理士の資格を持てるので税務署に勤めている方は自分の勤務年数を計算してみるのもいいかもしれません。

 

recommend

キャラウィッグ通販|コス☆コレ

在留資格の手続き

今最も旬のコスチュームジュエリー!

東京都渋谷区東横線代官山駅徒歩3分。趣味〜プロデビューまで!

ボイストレーニング 東京

データ入力やアンケート集計の「シ・ブリュ」。データ入力業務・アンケート集計などの業務代行をいたします。

アンケート集計

Last update:2015/7/10

ページ上部へ